シュタゲ0 電撃コミックアンソロジー

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス様より5月27日発売の「STEINS;GATE 0 電撃コミックアンソロジー (電撃コミックスEX) 」に漫画を12P描かせていただきました。
STEINS;GATE 0 電撃コミックアンソロジー (電撃コミックスEX)
サンプル
橋田家がわいわいしている話です。
サイトの方で試し読みに使っていただいていたので、良ければこちらもどうぞ→電撃コミックWEB様

ゲームの感想は少し長くなったので追記に畳みました。
お見かけの際はよろしくお願いします~!
今回は新作のゼロで執筆のお誘いを頂いたんですが、「シュタゲはいいぞ…」とかねてから友人・知人、はたまたネットからも聞いていた為に「これは初代からプレイするチャンスだ…!」と、いそいそと購入しわくわくとプレイさせていただきました。

…結果、夜中にトイレに行くのがこわい!!(超絶ビビリ)

自分が物凄いビビリなことを忘れていました!(笑)
―なんですが、それを乗り越えて一刻も早くクリアしたい!と思わされるゲームでした。
感想はたくさん…それはもうたくさんあるんですが一点に絞るなら…助手愛おしいです。(ラストではガチ泣きしました)
シュタゲはいいぞ…(ゼロもいいぞ)

システム面でもトリガー機能や分岐が凝っていて、アドベンチャーゲームって本当に無限の可能性だな~と思いました。
「自分でトリガーを引く」ことによって、この世界線を選んだのは自分(=プレイヤー)なんだというシンクロが面白かったです。
(あとここ数年でシュタゲを始めとする過去の名作アドベンチャーをいくつかプレイしましたが、ゲームってほんっっっっと~に面白いな…と思う日々です。)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。